海外療養費制度ではカバーされない部分に注意!

1.海外で歯科治療を受けました

私は今年の1月から中国上海に駐在していますが、4月から5月までの上海ロックダウンの時、日本での歯科治療で詰めていた銀歯が取れました。1つの銀歯が取れると、かみ合わせのバランスがおかしくなるのか、次々と銀歯が取れ始め、ロックダウン中に全部で4つの銀歯が取れてしまいました・・。それにしても銀歯大杉・・。小さい時の歯磨き嫌いを今になって後悔しました・・。

ロックダウン解消後も歯医者に行くのが面倒で、銀歯が取れた後の歯の隙間に、食事の度にモノが詰まっては取ることを繰り返して、何とかやり過ごしてきましたが、さすがに不快になってきたので、8月、9月に上海で日本語が通じる歯医者で歯科治療を受けました。

歯科治療自体は丁寧で日本と同じ治療を受けられて安心感がありましたが、毎回、治療費の支払い時に不安感が募ることになります。



2.海外療養費制度の利用

海外で病気や怪我になって医療機関等で治療を受けた場合、その治療費は、渡航時に加入していた海外旅行保険で賄うのが一般的です。

しかし、海外渡航の経験が多い方はご存じの通り、通常、海外旅行保険では、歯科治療は保険金支給の対象外となります。もし、適用対象としたい場合は、歯科治療特約を付帯する必要があります。

そんな方が海外で歯科治療を受けた場合は、健康保険の海外療養費制度を利用すれば、治療費の70%が支給される制度があります。

ただ、海外療養費制度は、あくまで、同じ治療を日本で受けた場合の治療費をベースにして、そのベース金額の70%を支給してくれるものなので、治療費が高額となる海外で治療を受けた場合、海外療養費を申請しても、全体の治療費用からして雀の涙程度の支給しかされないケースがありますので、注意が必要です。

上記を図にしたものが以下となります。

1_convert_20221119153037.png

海外療養費の詳細は以下の全国健康保険協会の解説ページを参照下さい。


全国健康保険協会のHP(海外療養費の解説ページ)
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/sb3120/r138/




3.会社からの別途補填が無かったやばかった・・。治療費 計24万円也。

私はどうなったかというと、上記の「海外療養費の対象外」の治療費部分は会社が補填してくれる海外渡航者規程があった為、最終的には、私は日本で治療を受けた場合と全く同じ治療費の負担で済みました。

実際の負担状況は以下の通りです。

2_convert_20221119153100.png

  3_convert_20221119153119.png


歯科治療を受ける前から上記規程の存在は知ってはいましたが、いざ、治療費として24万円も窓口で支払ったときは、ALIPAY(支付宝)のアプリで支払処理をしたスマホを持つ手が少し震えましたね。本当に自己負担が30%になるのか心配でした・・。

治療中、歯科医の提案により、銀歯がたくさん取れるのは、夜中に歯ぎしりをしているのかもしれないと言って、寝る時に付けるマウスピースを歯型を取って作ってくれました。

「保険診療の範囲内なのでご安心下さい」と笑顔で言っていたので、「じゃあ、お願いします」と作って貰いましたが、後々考えると、海外療養費の申請対象となるだけで、「マウスピースの作成に関して私は支払った治療費」は、「同じ治療を日本で受けた場合の治療費」を大きく超える金額でした。

会社の補填が無かったら自己負担金額がヤバイことになっていました・・。笑顔で近づいてくる人には気を付けましょう。

会社によっては、海外療養費でカバーされない分を会社は面倒見ないという会社もあると思います。日本と中国の行き来が容易+航空券が安かった数年前までは、日本への出張時や一時帰国時に歯科治療をする人が多かったようですが、今は気軽に渡航できるわけではないので、なるべく歯の治療は日本で済ませておきたいものですね。



4.先月、中国への渡航直前でコロナ陽性になり渡航延期になった家族が11月に来ます

前回の記事でも記載の通り、私は、今年の年初より単身赴任にて中国で生活をしてきた中、今年の10月より家族(妻、子供2人、犬1匹)が家族帯同の為に上海に渡航するはずでしたが、渡航前のPCRで妻が陽性になった為、渡航が延期になりました・・ orz

一度、コロナ陽性者となった方が中国に渡航する際には、PCRを2回連続で受けて2回とも陰性証明書を取得して、2週間の待期期間を経えた後、通常の中国渡航者と同様に、渡航の前日・前々日のPCRで陰性を確認してから渡航出来るようになります。

妻が無事に、11月上旬に上記2回のPCRを何とかクリアして、11月末の渡航に向けて準備を進めたとたん、ニュース報道もされていましたが、中国渡航者の中国入国時の各種規制が緩和されて、既陽性者に対する上記制限が全て撤廃された結果、今では、2回の完治証明や2週間の待期期間も必要なくなったようです。

上記規制撤廃の詳細は駐日中国大使館の下記HPをご参照下さい。


駐日中国大使館のHP
http://jp.china-embassy.gov.cn/jpn/tztg/202211/t20221115_10975339.htm


後1ヵ月早く上記発表がされていれば、もう少し早く中国に家族が渡航出来たかもしれませんが、国の政策に色々と言っても仕方がないので、今後、日中の行き来がし易くなったことを素直に喜びたいと思います。

なお、私の家族はというと、10月末に中国に渡航する10日前からウィークリーマンションを借りて、他の方と接触しない自主的な隔離生活を開始しており、今回、渡航延期となった関係で、11月に渡航してくる頃には、約2か月程度の自主隔離生活を送ることになります。

長い自主隔離生活のおかげ?か、隔離生活にもすっかり慣れたようなので、渡航してきてから、また、上海で大規模なロックダウンになったとしても隔離耐性がついているから大丈夫だそうです(^ ^;)

今回こそは無事に渡航できることを祈っております。
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
42歳 男 二児(+柴犬)の父
主に週末にブログを更新する予定です。
今、中国(上海)で駐在員生活をしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: